沿革
昭和21年

福島電気製作所として発足(4月5日)。

植本要次郎個人営業として電動機の販売、修理、配電盤製作にあたる。


昭和28年

光洋電機製作所と名称を改める(5月)。

終戦後の変動期を過ぎ得意先の固定に伴い設備内容の充実を図るとともに業務内容も多種に渡る為、名称を改め将来の発展に備える。


昭和37年

光洋電機工業株式会社と名称を改め法人組織に変更する(2月)。

業界の発展は日に新しく、当社も更に内容を充実し、更に一歩前進する目的を以って組織を法人に改める。


昭和44年

本社社屋並びに工場完成(4月)。

鉄筋3階建として、工場および事務所を現地に移転する。

本社移転と共に機械部門を更に強化し、一般産業用機器およびプラントの諸設備を設け、製作・組立・据付工事等を行う。特に自動制御機器の開発に当る。


昭和51年

創立30周年を迎える。


平成09年

創立50周年を迎える。


平成10年

植本景太郎社長就任。


平成14年

ISO9001認証。


平成19年

創立60周年を迎える。


平成22年

上海現地法人 上海东八贸易有限公司設立。